児童養護施設に、無料アカウントを提供します。
労働トラブル相談士講座が無料で受講できます。

クレアの労働トラブル相談士オンライン講座の無料アカウントを希望される児童養護施設を募集します。この講座で、労働者の権利(休日や手当など)や、就労上のトラブルへの対処を、オンラインで空いた時間に学ぶことができます。1施設1アカウントで、皆さんでご利用頂けます。

社会に出る前、働きに出る前から、しっかりと自分自身を守れる知識を身に付けることが重要です。ぜひ、入所されているお子さんに学ぶ機会を与えてください。

『どうして無料で受けられるの?』

「騙されている?」「もしかしたら後日高額な商品を売りつけられる?」など、心配をされるかもしれません。

確かに、労働トラブル相談士として仕事をする場合には、クレアに有料登録をする必要があります(月あたり500円)。ただ、講座を受講するだけならアカウント維持費だけで結構です。なぜかと聞かれれば、クレアとして何か、社会の役に立ちたいと考えた結果です。

あくまでも社会貢献活動の一環ですが、もし多少の見返りを望むことができるのであれば、受講して役に立ったと思って頂けたら、実際の受講者として「労働トラブル相談士」をもっと広めて頂けると嬉しいです。

『労働トラブル相談士って何?』

労働トラブル相談士は労働問題の専門家。
労働問題に関する広範な知識や、その解決法などを熟知しており、
労働トラブルの予防、防衛について企業内で献策を行います。

労働トラブル相談士は、企業内の使用者・労働者間で起こりうる、雇用や働き方に関するトラブルを想定して、その予防、改善ノウハウを持ったエキスパートです。

ブラック企業やモンスター社員などの労働問題が顕在化しやすい現代で、どのような対策を取っておけばブラック企業にならないか、労働者とのトラブルを招かないかなど、様々な労働トラブルを想定して、その根本的原因や、関連法律を踏まえた、適切な手段での予防・改善手段を提案していきます。資格は3級/2級/1級に分かれており、学習内容についても労務の一般常識→労務専科→専門家レベルへと、順次ステップアップしていきます。

履歴書・経歴書にも記載することで、労働問題に関するへの造詣が深いことを採用担当者に明示することができ、また人事労使に関する知識がありますので、就転職活動時でも、採用条件に目を配ることができるようになります。

労働トラブル相談士はこんな人におすすめの資格です

労働トラブル相談士を取得するメリット

ハラスメントや解雇などについて
正しい知識を持つことができる

会社員である限り自分がいつ労働問題に巻き込まれるかは分かりません。上司や同僚が入れ替わった、育児休暇から復帰したなどのタイミングで、突然に降りかかることもあります。そのような際にも正しい対処を行うことができます。

労働問題対処という特殊技能で
自社他社ともに求められる人材に

ブラック企業やモンスター社員など、使用者雇用者労働問題は複雑化多様化しており、それに対処できる労働トラブル相談士資格者は、自社内外から求められる人材です。また、労働組合職員としては即戦力として採用できます。

弁護士や社労士などとの
ダブルライセンスに有利

社労士や弁護士として、労働トラブルに関する知識解決法を資格として持っていることは大きなセールスポイントになります。

試験合格証・登録後のロゴ使用

試験合格後には、クレアより労働トラブル相談士2級試験合格証をお送りいたします。
労働トラブル相談士を名乗る、または記載するには、協会会員になる必要があります。協会会員登録をされた合格者の方は、クレアにて実施する、労務や人事に関する最新動画セミナー(有料)を、無料無制限でご覧いただくことができます。話題の事案などを取り扱いますので、最新の情報を入手いただけます。
また、協会会員は、オフィシャルロゴを使用することができます。ホームページや名刺などにも使用することができますので、キャリアアピールや営業活動にご活用ください。

【労働トラブル相談士 ロゴ】

jst-008-4
jst-008-5
jst-008-6

【キャリア人財育英協会 ロゴ】

『労働トラブル相談士になるには?』

クレアが実施している、公式認定講座を受講修了して、修了後に提供される最終テストに合格すると、『労働トラブル相談士』(2級)の資格が授与されます。

全30回、授業時間20時間をかけて、税金や社会保険、給与などの基礎中の基礎からスタートして、時間をかけながら徐々に労働トラブル相談士としての専科知識を教えていきます。 

『もっと詳しく知りたい』

「労働トラブル相談士」

労働トラブル相談士は、企業内の使用者・労働者間で起こりうる、雇用や働き方に関するトラブルに対して、事前もしくは事後対処できるスキル、ノウハウを持ったエキスパートです。 
資格は3級/2級/1級に分かれており、学習内容についても人事の一般常識→人事専科→専門家レベルへと、順次ステップアップしていきます。
履歴書・経歴書にも記載することで、労働問題に関するへの造詣が深いことを採用担当者に明示することができ、また人事労使に関する知識がありますので、面接内でも役立てることが可能です。

●支援制度のお申し込みについて●

ご希望の方は、以下フォームよりお問い合わせください。


上記から希望する支援制度を選択してください。
ご登録頂いたメールアドレス宛に、お申し込みフォームをご案内致します。

※は必須項目です。

※ご連絡頂いてから、通常3営業日以内に、ご記入頂いたメールアドレスへご連絡致します。10営業日経過しても届かない場合には、お手数ですがお問い合わせフォームよりご連絡ください。

※プライバシーポリシーにつきましてはこちらをご参照ください。

択一式サンプル問題
(全10問)

サンプル問題
終了

おつかれさまでした。解説動画をご覧ください(約5分)